金正恩氏、過去の親書でトランプ氏に首脳会談要求 文氏の関与には不快感

2018年6月、会談の冒頭で握手する北朝鮮の金正恩氏(左)と当時のトランプ米大統領=シンガポール(AP)
2018年6月、会談の冒頭で握手する北朝鮮の金正恩氏(左)と当時のトランプ米大統領=シンガポール(AP)

韓国メディアは25日、トランプ前米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記が2018~19年に交わした親書27通の内容を報じた。非核化交渉で金氏が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領らの関与を嫌い、トランプ氏との首脳会談を繰り返し求めたことが明らかになった。

トランプ、金両氏は18年6月に史上初の米朝首脳会談をシンガポールで開催。19年2月と6月にも首脳会談を行ったが、非核化交渉は決裂した。

金氏は18年9月に文氏と平壌で南北会談を行い、米国による「相応の措置」を条件に北西部寧辺の核施設を永久廃棄する用意があると表明した。一方で、直後の親書では「今後は文大統領ではなく閣下(トランプ氏)と直接、非核化問題を議論することを希望する」とし、文氏の関与に不快感をあらわにしていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細