東京の特養92歳女性殺害、公開手配の男を札幌で逮捕 「かっとなった」容疑認める

菊池隆容疑者(警視庁提供)
菊池隆容疑者(警視庁提供)

東京都北区の特別養護老人ホームで入所女性(92)が殺害された事件で、警視庁捜査1課は25日、殺人容疑で公開手配していた施設の介護職員、菊池隆容疑者(50)=板橋区舟渡=を逃亡先の札幌市内で確保し、逮捕した。調べに対し「『ばか』などといわれ、かっとなった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、15日午後10時~16日午前1時ごろにかけ、施設内で入所者の無職、山野辺陽子さんを暴行し、殺害したとしている。

山野辺さんは胸や腕など複数箇所を骨折していたほか、顔から上半身にかけて熱湯をかけられたとみられる広範囲のやけどを負っていた。

捜査1課によると、菊池容疑者は事件当時、当直勤務だったが、16日午前1時ごろにJR浮間舟渡駅(北区)近くからタクシーに乗車して逃走。その後にタクシーや電車などを乗り継いで岩手県へ移動し、翌17日の朝にはJR盛岡駅から北海道新幹線で新函館北斗駅に向かい、午前中に在来線で函館駅に到着。午後5時40分ごろ札幌市に到着していた。「北海道で自殺したかった」と説明しているという。

25日午後1時5分ごろ、札幌市白石区のマンションの非常階段にいたところを住人が見つけ「不審な男がいる」と110番通報。駆け付けた北海道警の警察官が身柄を確保した。現金50万円やナイフを所持していたという。

会員限定記事会員サービス詳細