北ミサイル400キロ飛翔、変則軌道の可能性も 浜田防衛相

浜田靖一防衛相(代表撮影)
浜田靖一防衛相(代表撮影)

浜田靖一防衛相は25日、北朝鮮が同日発射した弾道ミサイルについて、最高高度約50キロ、通常軌道であれば約400キロ飛翔(ひしょう)し、変則軌道を描いた可能性もあるとの分析を防衛省で記者団に明らかにした。政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。防衛省は関連情報を収集し、引き続き詳細を分析する。

北朝鮮は25日午前6時52分ごろ、北朝鮮内陸部から少なくとも1発の弾道ミサイルを東に向けて発射。最高高度約50キロ程度で、通常の弾道軌道であれば約400キロ飛翔し、北朝鮮東岸付近の日本の排他的経済水域(EEZ)外側に落下したと推定される。航空機や船舶からの被害報告などの情報は確認されていない。日米の弾道ミサイル防衛網をかいくぐるため変則軌道で飛翔した可能性もある。

北朝鮮によるミサイル発射は今年に入り、巡航ミサイルも含めて19回目。浜田氏は「米国などと緊密に連携し、引き続き、情報収集・分析および警戒監視に全力をあげていきたい。いわゆる反撃能力も含め、あらゆる選択肢を検討し、今後とも防衛力の抜本的強化に取り組む」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細