邑楽町が初の首位 群馬・街の幸福度ランキング「普通に暮らしていける幸福感」

賃貸住宅建設大手の大東建託(東京)が発表した群馬県内の「街の幸福度ランキング2022」によると、邑楽(おうら)町が前年の2位から順位を1つ上げ、初の首位に輝いた。

調査はインターネットを通じ、県内在住の20歳以上の男女8千人以上を対象に実施。幸福だと思う人の回答を点数化しランキングとしてまとめた。

邑楽町が1位になったことについて、同社賃貸未来研究所の宗健所長は、「町がある県東部地域は工場などの働き口が多い。地元に住み続け、普通に暮らしていけることに、幸福感を覚える人が多いからではないか」とみている。

邑楽町は、このほか「住み続けたい街ランキング」でも6位(前年4位)に入るなど、高い評価を得ている。

幸福度ランキングの2位以下は、吉岡町(前年1位)▽3位高崎市(同3位)▽4位桐生市(同7位)▽5位渋川市(同5位)-だった。

会員限定記事会員サービス詳細