米国務省「国連安保理決議違反」と非難 北の弾道ミサイル発射

米国務省=ワシントン(AP=共同)
米国務省=ワシントン(AP=共同)

【ワシントン=坂本一之】米国務省報道官は24日、北朝鮮が現地時間25日に短距離弾道ミサイル1発を発射したことを受け、産経新聞の取材に「米国は弾道ミサイル発射を非難する」と述べた。

ミサイル発射は「国連安全保障理事会決議に違反している」と強調。「北朝鮮の近隣諸国と国際社会に対する脅威になっている」と批判した。日本と韓国の防衛に対する米国のコミットメントは揺るぎないとした。

一方、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への「外交的アプローチ」を継続し、「対話を求めている」と説明した。

会員限定記事会員サービス詳細