岸田首相「断じて容認できない」 北朝鮮のミサイル発射に抗議

岸田文雄首相(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は25日、同日の北朝鮮による弾道ミサイル発射について、「わが国のみならず、地域や国際社会の平和と安全に関わるもので、断じて容認できない」と述べた。その上で「国連の安保理決議に反する。強く非難する」と強調した。公邸で記者団に答えた。

首相は、すでに北朝鮮に対して抗議を行ったことも明らかにし、「引き続き、情報収集、警戒監視に全力をあげて、わが国の平和と安全の確保に万全を期す」と力を込めた。

会員限定記事会員サービス詳細