中台統一以外に平和ない 王毅外相、対決姿勢鮮明

24日、米ニューヨークの国連本部で演説する中国の王毅国務委員兼外相(AP=共同)
24日、米ニューヨークの国連本部で演説する中国の王毅国務委員兼外相(AP=共同)

中国の王毅国務委員兼外相は24日、ニューヨークでの国連総会一般討論で、台湾は中国の不可分の領土だと強調し「完全統一なくして台湾海峡に平和は訪れない」と演説した。台湾への軍事的圧力を問題視する米国など民主主義国家との対決姿勢を鮮明にした。

王氏はロシアによるウクライナ侵攻を念頭に「代理戦争をあおれば火だるまになる」と主張。ウクライナへの軍事支援を続ける欧米諸国を暗に批判した。「紛争には対話や協議による平和的解決が必要だ」とも述べた。

中国は8月のペロシ米下院議長訪台に猛反発した。王氏は演説で「台湾独立派の活動と断固闘い、外部からの干渉には強力な手段で抵抗する」と表明。台湾への連帯を示す米側を強く牽制(けんせい)した。今月23日のブリンケン米国務長官との会談でも、台湾を巡り妥協しない立場を強調していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細