ドリフト走行会で見物客2人けが 滋賀・米原

24日午前10時10分ごろ、滋賀県米原市のスキー場の敷地内で開かれていたドリフト走行のイベントで、走行中の乗用車がコース脇にあるコンクリートブロックに衝突し、倒れたブロックが見物客2人に当たった。滋賀県警米原署によると、2人は成人男性で、いずれも軽傷とみられる。

署によると、現場は峠道のコースで、事故が起きたカーブには見物客を守るため複数のブロックが置かれていた。ブロックは長さ約2メートル、幅約50センチ、高さ約70センチ。そのうちの1つが倒れ、2人は足を挟んだり、顔をこすったりした。車はドリフト走行をして車体後方が衝突したという。運転していた男性にけがはなかった。

当時、会場には約50人の見物客がいた。署は事故の状況や安全対策に問題がなかったかどうかを調べている。

会員限定記事会員サービス詳細