大谷、規定回数へあと9回 14勝目の権利 自己初のシーズン200奪三振

ツインズ戦の4回、三振を奪い日米を通じて初のシーズン200奪三振を達成したエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)
ツインズ戦の4回、三振を奪い日米を通じて初のシーズン200奪三振を達成したエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は23日、ミネアポリスでのツインズ戦に「3番・投手」の投打二刀流で先発出場。雨交じり、気温13度の震えるような中で、投手では5回0/3、100球を投げ、3安打7三振6四球1死球で2失点に抑え、14勝目の権利を持って降板、規定投球回数まであと9イニングとした。日本選手では通算4人目、日米通じて自己初のシーズン200奪三振を記録。四回1死一塁で6番サンチェスからカーブを見逃しでこの試合4個目の三振を奪って達成した。

立ち上がりは指先や足元を気にしてなのか制球が安定せず、2番から3連続四死球などで1点を失った。それでも、回を追うごとにスライダーの威力が増し、四回無死から5者連続三振も見せた。だが、六回、2安打と2四球で1点を失い、無死満塁としたところで降板。2番手のループが後続を抑えた。

打つほうは相手先発のルーキー右腕バーランドに、一回2死走者なしの第1打席は初球を打って遊ゴロ。2-1と逆転した三回2死一塁の第2打席も初球を引っ張って一ゴロ。五回2死三塁の第3打席は左飛。

会員限定記事会員サービス詳細