北朝鮮がSLBM発射兆候、韓国大統領府が異例の公表

尹錫悦大統領(共同)
尹錫悦大統領(共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府は24日、外遊中の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射準備の兆候について報告を受けたと明らかにした。大統領府が北朝鮮のミサイル発射兆候を公表するのは異例。北朝鮮の軍事的挑発への備えができていることをアピールする狙いとみられる。

韓国軍関係者によると、SLBMに関連した動きは21~22日に北朝鮮東部の新浦(シンポ)で捕捉したという。米韓両海軍は近く合同訓練を実施する予定で、23日には米原子力空母ロナルド・レーガンが韓国・釜山に入港した。北朝鮮のSLBM発射準備には米韓を牽制(けんせい)する意図があるようだ。

北朝鮮は尹氏が就任する直前の5月7日に新浦沖からSLBMを発射した。

尹氏はカナダ訪問を終えて帰国する専用機内で23日、韓国にいる安全保障担当高官から報告を受けた。

【緯度経度】日本周辺は、みんな「軍事大国」 黒田勝弘

【フォト特集】北朝鮮、建国74年で祝賀行事 金氏「核政策変更せず」

会員限定記事会員サービス詳細