立民・泉代表「防衛費より子育て優先」 自民の2%要求念頭に

兵庫県明石市の子育て支援の拠点施設を視察する立憲民主党の泉代表(手前左)。右隣は泉房穂市長=24日午前
兵庫県明石市の子育て支援の拠点施設を視察する立憲民主党の泉代表(手前左)。右隣は泉房穂市長=24日午前

立憲民主党の泉健太代表は24日、防衛費を巡り、自民党が国内総生産(GDP)比1%程度から2%以上に増額するよう求めていることを念頭に「防衛費2倍より、教育や子育て予算の倍増が優先だ」と批判した。児童手当の拡充も訴えた。兵庫県明石市にある子育て支援の拠点施設を視察後、記者団に述べた。

「子供が増えなければ、この国の未来はない。政府は(子育て政策を)後回しにしている」と指摘。「子供を育てやすい世の中にすることで、日本全体の好循環を作っていく」と語った。

政府、日銀による先の為替介入については「限定的な意味しか持たない」と効果を疑問視した。

会員限定記事会員サービス詳細