ヤクルト、25日にも連覇 パはオリックスがCS進出

DeNAに勝利しファンの声援に応えるヤクルト・高津臣吾監督ら=神宮球場(撮影・塩浦孝明)
DeNAに勝利しファンの声援に応えるヤクルト・高津臣吾監督ら=神宮球場(撮影・塩浦孝明)

セ・リーグは24日、首位ヤクルトが2位DeNAに8―1で快勝し、優勝へのマジックナンバーが2つ減って「2」となった。25日にヤクルトがDeNAに勝てば2年連続9度目の優勝が決まる。

ヤクルトの村上宗隆内野手は本塁打が出ず、日本選手シーズン最多の56号到達は25日のDeNA戦以降に持ち越しとなった。残りは7試合。

パ・リーグはオリックスが楽天に9―1で勝って今季3位以内を確定させ、2年連続4度目のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

セ、パ両リーグともにファーストステージ(3試合制)が10月8日に、ファイナルステージ(6試合制)は同12日に始まる。

会員限定記事会員サービス詳細