浪速風

台風が過ぎ去って

「過去最強級」と言われ、JR西が近畿の在来線全線での計画運休に踏み切った台風14号は幸い、想定されたより被害は限定的だった。太平洋へ抜けて温帯低気圧に変わると、関西では一気に秋が深まった。台風の通過後はフェーン現象で暑くなることが多いが、今回は急な空気の冷たさに驚かされた

▶台風は昔は「野分」と呼ばれ、古典文学にも登場する。枕草子には「野分のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ」と、台風一過の日は「しみじみ趣があっておもしろい」とつづられている。肯定的な印象の表現なのは、自然の猛威への諦観か、万全の備えをしていたからか

▶雨風とも大したことはなかったわが家だが、夏の間次々とかれんな花を咲かせたトレニアだけが、まさに「野を分ける」ようになぎ倒されてしまった。非耐寒性一年草だから、急激な秋の訪れがこたえたのか。諦観に到達できない小欄は、液肥を与えたりして様子を見ている。

会員限定記事会員サービス詳細