NY原油、一時80ドル割れ 1月以来、需要減懸念で

23日のニューヨーク原油先物相場は大幅下落し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが一時、1バレル=78ドル台を付けた。80ドルを下回るのは今年1月上旬以来、約8カ月ぶり。

各国の中央銀行の大幅利上げによる世界的な景気後退でエネルギー需要が減少するとの懸念が高まり、売り注文が膨らんだ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細