南シナ海、航行の自由確認 米フィリピン首脳が初会談

会談するバイデン米大統領とフィリピンのマルコス大統領=22日、米ニューヨーク(AP)
会談するバイデン米大統領とフィリピンのマルコス大統領=22日、米ニューヨーク(AP)

バイデン米大統領は22日、国連総会が開かれているニューヨークでフィリピンのマルコス大統領と会談し、フィリピンに対する防衛義務を守ると強調した。中国が海洋進出を進める南シナ海情勢も協議し、航行の自由を守る重要性を確認した。マルコス氏が6月に大統領就任後、両氏の対面会談は初めて。

バイデン政権は中国に対抗するため、最前線に位置するフィリピンをはじめとする東南アジア諸国連合(ASEAN)を重視。フィリピンの政権交代を機に関係を好転させ中国との競争を有利に進めたい考え。

会談冒頭、バイデン氏はドゥテルテ前政権下でぎくしゃくした米比関係を念頭に「両国は難しい時期もあった」としながらも「米比同盟の基盤は強い」と強調し、連携強化への意欲を示した。マルコス氏は「アジア地域の国々やフィリピンは、地域の平和を維持する米国の役割を高く評価している」と述べ、東南アジアへの米国の関与に謝意を示した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細