千葉の立民国会議員3人が参列意向 安倍氏国葬

立憲民主党の野田佳彦元首相
立憲民主党の野田佳彦元首相

27日に東京・日本武道館で執り行われる安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)について、千葉県選出の立憲民主党の現職国会議員(8人)のうち、野田佳彦、谷田川元両衆院議員と長浜博行参院議員の3人が参列予定であることが分かった。他の議員は欠席する意向という。同党は執行役員の参列は見送り、他の議員は個別の判断に委ねていた。

「参列」意向の野田氏は18日放送のテレビ番組で「元首相が元首相の葬儀に出ないというのは、私の人生観から外れる」などと説明している。野田氏は同党の最高顧問を務めるが、執行役員には含まれない。

田嶋要衆院議員は21日の自身のメールマガジンで「一貫して『国葬』には強い違和感を持っており、欠席をすることに決めております」と「欠席」を明らかにしている。

その他の議員については出欠の意向を事務所に取材した。谷田川氏と長浜氏の事務所が「参列」と回答した。長浜氏は参議院の副議長としての立場で参列するとしている。

「欠席」は、本庄知史、奥野総一郎両衆院議員と小西洋之、青木愛両参院議員。本庄氏は自身のツイッターでも「岸田内閣の対応は極めて不誠実」とした上で国葬には反対で、欠席すると明らかにしている。

政府は、現職の国会議員と元議員に国葬の案内状を送付している。

知事と政令市の市長にも案内状が送られている。熊谷俊人知事と千葉市の神谷俊一市長は参列の意向を明らかにしている。

会員限定記事会員サービス詳細