現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

お彼岸に「美しい死」を考える 東京大学名誉教授・平川祐弘

公園に咲くヒガンバナ=令和2年9月、栃木県那須町蓑沢(伊沢利幸撮影)
公園に咲くヒガンバナ=令和2年9月、栃木県那須町蓑沢(伊沢利幸撮影)

お彼岸(ひがん)に墓参りをし、伸びた枝葉を切った。父母の墓に手をあわせ、次は私の番か、と思う。

病院での孤独死より在宅死望む

私は死についてあまり考えず年をとった。「一億玉砕」と戦争中、新聞は唱え、覚悟はした。だが若者は死の怖さを実感しない。軍の学校も平気で志願した。だが、昭和二十年春、ドイツが惨敗するや、「日本でよかったな。ベルリンにいたら、ヒトラー・ユーゲントとして首都防衛で死んでいただろう」と級友と噂した。「日本はもう勝てない」と感じていたが、ソ連参戦の時も、「負けないぞ。日本は降伏しないから」と中学生は強がりを言っていた。

東京大学名誉教授、平川祐弘氏
東京大学名誉教授、平川祐弘氏

疎開先では飢えが辛(つら)かった。不満を作文に書いて提出した。「君の意見は褊狭(へんきょう)だね」と担任に言われたが、ヘンキョーの意味が分からず、辞書を引いた。そんな生意気盛りのくせに、夜、発熱、「苦しい」と呻(うめ)いた。担任が聴きつけて「大声を出して他人に迷惑ではないか」と叱りながら私の体をさすってくれた。するとすぐ眠り込んだ。

ランキング

  1. 【正論】友好に名借りた「侵略」見つめる時 作家・ジャーナリスト 門田隆将

  2. 【緯度経度】香港人たちが仮面を脱いだ夜 藤本欣也

  3. 【一筆多論】ゼレンスキー批判に思う 遠藤良介

  4. 【産経抄】9月30日

  5. 【主張】安倍氏の国葬 真心込めて故人を送れた

  6. 【正論】「誇りある国」安倍元首相の遺産 麗澤大学教授・八木秀次

  7. 【主張】偽りの住民投票 世界は「茶番」の全否定を

  8. 【主張】日中国交50年 関係を根本から見直せ 経済・学術界も安保の視点を

  9. 古代ギリシャの逸話と重なる安倍氏国葬 「真の政治家は不人気」 鹿間孝一

  10. 【ポトマック通信】聖地ユバルディ再訪

会員限定記事