NY株、続落 米景気後退を懸念した売り先行

ニューヨーク証券取引所(共同)
ニューヨーク証券取引所(共同)

23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、午前10時現在は前日比408・26ドル安の2万9668・42ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は168・86ポイント安の1万0897・95。

米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅な利上げによる米景気後退を懸念した売りが先行した。原油先物相場が下落し、石油株が売られて相場を押し下げた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細