フォト特集

西九州新幹線が開業 沿線熱気

旗や横断幕を手に、西九州新幹線開業を歓迎する人たち=23日午前7時12分、長崎県大村市
旗や横断幕を手に、西九州新幹線開業を歓迎する人たち=23日午前7時12分、長崎県大村市

西九州新幹線が23日、武雄温泉(佐賀県武雄市)―長崎で開業した。新車両「かもめ」が全5駅の約66キロを走行する。新幹線としては最も短い。1973年に福岡と長崎を結ぶ長崎ルートの整備計画が決定されてから約50年かけて実現した。

整備計画のうち佐賀県の一部区間(新鳥栖―武雄温泉)は整備方式が決まらず、着工の見通しが立っていない。新幹線と在来線特急を乗り換える「リレー方式」で運営され、全線が直通するかどうかが今後の焦点だ。

ギャラリーページで見る

各駅で開業式典を開催。長崎駅では、JR九州の古宮洋二社長が「今日は新しい長崎市の初日。九州全体がもっと元気になることを祈念します」とあいさつした。

待望の新幹線 一番列車、市民ら歓迎

「特別な時」「おめでとう」。西九州新幹線が開業した23日、佐賀、長崎両県の各駅には早朝から市民らが詰めかけ、待ち望んだ新幹線の門出を祝った。沿線は歓迎する人々で熱気に包まれた。

一番列車始発の長崎駅では午前6時17分、駅長の「出発!」の合図とともに警笛が響き、白と赤の車両が拍手に送られ動き出した。

諫早駅(長崎県諫早市)で一日駅長を務めた同市出身の体操男子五輪金メダリスト内村航平さん(33)は、「まさか地元に新幹線が通るとは」。

出発式で合図する諫早駅長の山口哲矢さん(手前右)と一日駅長の内村航平さん(同左)=23日午前、諫早駅(代表撮影)
出発式で合図する諫早駅長の山口哲矢さん(手前右)と一日駅長の内村航平さん(同左)=23日午前、諫早駅(代表撮影)

嬉野温泉駅(佐賀県嬉野市)の出発式では、一日駅長の俳優松井玲奈さん(31)が「この駅が多くの方の思い出の地となるよう願っている」と笑顔で車両を見送った。

嬉野温泉駅を出発した西九州新幹線「かもめ」に手を振る一日駅長の松井玲奈さん(手前左)と中野裕介駅長(同右)=23日午前、佐賀県嬉野市(代表撮影)
嬉野温泉駅を出発した西九州新幹線「かもめ」に手を振る一日駅長の松井玲奈さん(手前左)と中野裕介駅長(同右)=23日午前、佐賀県嬉野市(代表撮影)

沿線では「おめでとう」と書かれた横断幕や大漁旗を掲げ、歓迎する人々の姿も見られた。


会員限定記事会員サービス詳細