女児死亡のこども園、10月3日再開予定 静岡

通園バスに女児が取り残され死亡した川崎幼稚園=6日、静岡県牧之原市
通園バスに女児が取り残され死亡した川崎幼稚園=6日、静岡県牧之原市

通園バスに女児(3)が取り残されて死亡した静岡県牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」が23日、同市内で保護者説明会を開いた。終了後に内容を明らかにした園側弁護士によると、増田多朗新理事長が謝罪して経緯を説明、再発防止策を取った上で10月3日から園を再開する予定だと述べたという。

辞任した父の立義前理事長(73)の後任として16日に選任された増田理事長は「世間の理解を得られないと考え固辞したが、他に候補者がおらず、外部の就任要請も全て断られた」と釈明。これまで園の活動に関わってきた外部保育士が、立義氏の後任園長に就くことも報告した。

増田理事長は、人的ミスが起こり得るとの認識が欠け、ミスへの監視体制も不十分だったとあらためて謝罪。通園バスのマニュアルを新たに作ったが、シミュレーションを繰り返した上で安全確認できるまでは運行しないとした。

会員限定記事会員サービス詳細