日米韓外相、同盟の抑止力強化で北の核に対抗確認

日米韓外相会談に臨む(左から)ブリンケン米国務長官、林外相、韓国の朴振外相=22日、ニューヨーク(外務省提供・共同)
日米韓外相会談に臨む(左から)ブリンケン米国務長官、林外相、韓国の朴振外相=22日、ニューヨーク(外務省提供・共同)

【ニューヨーク=坂本一之】日米韓3カ国は22日、国連総会が開かれている米ニューヨークで外相会談を開き、日米と米韓の同盟による抑止力を強化して北朝鮮の核の脅威に対抗し、3カ国の安全保障協力を推進することで一致した。また、北朝鮮の非核化や日本人拉致問題の即時解決に取り組むことを盛り込んだ共同声明を発表した。

ブリンケン米国務長官は会談で「(日米韓が)共に仕事をすることで地域の安保問題だけでなく世界的な課題にも、より効果的に対処できる」と述べ、連携の重要性を指摘した。

共同声明は、北朝鮮が体制維持のために核の先制使用ができると明確にする法令を採択したことなどに対し「深刻な懸念」を表明。北朝鮮が核実験を強行した場合は「国際社会は力強く毅然(きぜん)と対応する」とし、北朝鮮を牽制(けんせい)した。

共同声明は一方で「対話の重要性」を示し、北朝鮮に交渉のテーブルにつくよう求め、拉致問題の即時解決の実現を確認した。

会談では、北朝鮮の非核化や挑発行為をめぐる今後の対応で「すり合わせ」を行ったほか、中国を念頭に「経済的威圧に立ち向かう必要性」を議論し、威圧を受けないよう3カ国で協力することを確認した。

自由で開かれたインド太平洋構想を推進し、中国が経済支援などを通して影響力拡大を図る太平洋島嶼(とうしょ)国への支援に取り組むことや、ロシアに侵攻されたウクライナへの支援を継続することでも一致した。日本から林芳正外相、韓国から朴振(パクチン)外相が参加した。

会員限定記事会員サービス詳細