フォト特集

里見女流五冠、将棋プロ編入試験2連敗 合格ピンチ「大事なところで間違えた」

プロ棋士編入試験の第2局で岡部怜央四段(左)に敗れ、感想戦で対局を振り返る里見香奈女流五冠 =22日午後、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)
プロ棋士編入試験の第2局で岡部怜央四段(左)に敗れ、感想戦で対局を振り返る里見香奈女流五冠 =22日午後、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)

女性初の将棋棋士を目指す里見香奈女流五冠(30)は22日、東京都渋谷区の将棋会館でプロ棋士編入試験5番勝負の第2局に臨み、岡部怜央四段(23)と対戦して敗れた。対戦成績は0勝2敗となり、合格には残り3局を全勝しなければならなくなった。

試験は新人棋士5人と対局し、3勝すればプロの四段となる。里見五冠は第1局に続いての敗戦。第3局は10月に行われる予定で、狩山幹生四段(20)と対戦する。

ギャラリーページで見る

対局は先手番の里見五冠が得意の振り飛車戦法に対し、相手は自身の玉を深く囲う穴熊に。終盤、有利な局面もあったが、岡部四段の猛攻をかわすことができず、132手までで押し切られた。後がなくなった里見五冠は「大事なところで間違えたので仕方ない。自分の力を出し切れるよう頑張りたい」と話した。


会員限定記事会員サービス詳細