尹氏、米会議場で暴言 韓国報道、批判高まる

グローバルファンド増資会合に出席した韓国の尹錫悦大統領(手前)=21日、米ニューヨーク(代表撮影・共同)
グローバルファンド増資会合に出席した韓国の尹錫悦大統領(手前)=21日、米ニューヨーク(代表撮影・共同)

韓国の尹錫悦大統領が米ニューヨークで21日、グローバルファンド増資会合の会議場を退席する際に暴言を発した様子を取材陣が撮影、韓国メディアで報道され、国内で批判が高まっている。

韓国メディアが報じた動画では、尹氏は自身を取り囲む側近らに「くそ野郎らが議会で承認しなければバイデン(米大統領)はメンツ丸つぶれだな」と話していた。「くそ野郎ら」は米議員を指すとみられるが、尹氏が具体的に何の話題について発言したのかは不明。

韓国国会では22日、野党議員らが「米大統領との公式行事の場所だった。国の品格が崩れた」などと非難した。韓悳洙首相は「事実なら不適切」と述べた。一方、大統領府関係者は記者団に「私的な発言について外交成果と結び付けて、このように(批判)するのは適切ではない」と語った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細