ブレークスルー賞に筑波大の柳沢正史教授 睡眠障害解明、創薬にも

柳沢正史・筑波大教授
柳沢正史・筑波大教授

米グーグルの創業者らが設立した科学賞「ブレークスルー賞」が22日発表され、生命科学部門で筑波大の柳沢正史教授(62)が選ばれた。日中に突然眠り込む病気「ナルコレプシー」の仕組みを解明し、睡眠障害の創薬に貢献したことが評価された。米スタンフォード大のエマニュエル・ミニョー教授との共同受賞。

ブレークスルー賞は生命科学、数学、基礎物理学の優れた研究に与えられ、ノーベル賞の山中伸弥京都大教授、大隅良典東京工業大栄誉教授らも受賞している。柳沢氏は取材に「睡眠の分野がやっと日の目を見た。睡眠と覚醒が切り替わる仕組みや、なぜ動物は眠るのかという根本的な謎の解明に貢献していきたい」と喜んだ。

柳沢氏は1990年代にオレキシンという脳内物質を発見。これを作る細胞を破壊したマウスにはナルコレプシーの患者と似たような症状が見られ、オレキシンが覚醒状態を維持していることが分かった。オレキシンの働きを抑える物質は睡眠薬として実用化された。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細