立民・泉代表、山際氏辞任要求「閣僚の資質ない」

会見に臨む立憲民主党の泉健太代表=22日午前、国会内(矢島康弘撮影)
会見に臨む立憲民主党の泉健太代表=22日午前、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表は22日の記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)側との接点が相次いで判明している山際大志郎経済再生担当相の辞任を要求した。「閣僚としての資質がないと言わざるを得ない。辞任すべきだ」と述べた。

同時に「もはや辞任を求める声は、野党からではなく、国民から届いている声だ」と強調。岸田文雄首相の対応に関し「ばれればしゃべるということを繰り返す主要閣僚に対し、何の処分もしないのか。当然、任命責任がある」と批判した。

山際氏は20日の会見で、2018年に開かれた教団関連の会合に出席したと表明するなど、教団側との接点が相次いで明らかになっている。泉氏は「説明を本当にころころ変える」と非難し、説明責任を果たすべきだとの認識を示した。

会員限定記事会員サービス詳細