維新・松井氏、立民代表に「社会人として修行を」 

記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎前代表=22日午後、大阪市役所
記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎前代表=22日午後、大阪市役所

立憲民主党の泉健太代表と日本維新の会の松井一郎前代表(顧問)との間で22日、両党間の国会内での共闘を巡り、批判の応酬が展開された。

両党は21日の国対委員長会談で共闘に合意した。松井氏は同日、この合意が選挙協力に発展する可能性について「そんなことがあったら維新を徹底的にたたく」と述べ、強く否定。この発言に関し、泉氏は22日の記者会見で「引退間近で、ちょっと老害的な発言だ」などと挑発していた。

松井氏は22日、共闘に関する合意は、選挙制度改革などで自民党が「弛(たる)んでいる部分」をただすためだとし、その意義に言及。一方で選挙協力は重ねて否定し「そういうことになれば維新は吹っ飛ぶ。一有権者、一国民として大批判キャンペーンをやる」と語った。

維新はこれまで立民と共産党による国政選挙での共闘関係を「立憲共産党」「野合談合」として厳しく批判してきた経緯がある。

泉氏から「老害的」と揶揄(やゆ)されたことを記者団に問われた松井氏は「(泉氏は)社会人として修行を積んだ方がいいと思う。結局祭り上げられた『名誉代表』なんじゃないのか」と皮肉った。

立民・泉代表、維新・松井氏は「老害的」 共闘合意翌日に揶揄

会員限定記事会員サービス詳細