ウクライナ副首相「戦場に送られた場合は降伏を」 露全国で「動員」抗議デモ

モスクワ中心部アルバート通りで抗議デモに参加し、拘束される男性=21日(共同)
モスクワ中心部アルバート通りで抗議デモに参加し、拘束される男性=21日(共同)

ウクライナに侵攻したロシアのプーチン大統領が予備役を徴兵する「部分的動員」の導入を発表した21日、首都モスクワなど露各地で動員に抗議するデモが起きた。露人権監視団体「OVDインフォ」によると、22日午前1時(日本時間午前7時)時点で、全国38の都市で少なくとも1384人が治安当局に拘束された。政権側はデモを力で押さえ込み、動員を予定通り進める構えだ。

全体の参加者数は不明だが、デモは2月の侵攻開始当初に露全国で起きた反戦デモ以来の規模になったとみられ、国民の反発の強さを示した。ただ、政権が動員を見直す可能性は事実上ゼロだとみられている。

侵攻開始当初の反戦デモは政権側の徹底的な弾圧を受け、3月上旬に壊滅。OVDインフォによると、約2週間で参加者約1万4千人が拘束された。

一方、ウクライナのベレシチュク副首相は21日、交流サイト(SNS)上で、露国民に「徴兵されて戦場に送られた場合は降伏し、命というあなたと近親者にとって最も大切なものを守ってください」と投降を呼びかけた。

また、ベレシチュク氏は同日、地元テレビで、ロシア側がウクライナ国内の占領地域で23日からの実施を表明した露編入の賛否を問う「住民投票」は「偽物」だとし、「ウクライナは結果を承認しない」と表明した。露支配地域に住む住民に対し、投票に参加しないようにも求めた。ウクライナメディアが伝えた。

会員限定記事会員サービス詳細