ビートルズ来日映像公開へ 警備状況やファン写る

羽田空港に到着しファンに手を振るビートルズのメンバー=1966年6月
羽田空港に到着しファンに手を振るビートルズのメンバー=1966年6月

英国のロックバンド、ビートルズが昭和41(1966)年に来日した際に警視庁が警備状況やファンの様子を撮影した映像が、情報公開請求した名古屋市のNPO法人に、22日までに開示された。これまで公開されていないとされる最終公演日のものとみられる映像もある。24日に鳥取県米子市で開かれる全国市民オンブズマン連絡会議の大会で映写し、その後は同法人のホームページでも公開される予定。

NPO法人「情報公開市民センター」などによると、開示された映像はモノクロで35分40秒、音声はない。武道館での開催に反対する人が警備隊に突っかかってきたり言い合いになったりする場面や、感極まる様子のファンの姿が記録されている。

平成26年に映像の存在が明らかになり、センターが警視庁に情報公開請求。27年に一部開示決定が出た。センターは全面公開を求め最高裁まで争ったが敗訴した。今回、メンバー以外のファンや警察官の顔にモザイク処理をし開示された。

会員限定記事会員サービス詳細