「国民の弔意伝わった」 両陛下訪英に宮内庁長官

宮内庁の西村泰彦宮内庁長官
宮内庁の西村泰彦宮内庁長官

宮内庁の西村泰彦長官は22日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下がエリザベス女王の国葬に参列されたことについて「両陛下の弔意、両陛下が代表する国民の弔意は、英王室、英国民に十二分に伝わったと思う。訪問いただいて本当によかった」と述べた。両陛下のご様子は「無事お務めを果たし、安堵(あんど)されているとお見受けした」とした。

宮内庁によると、天皇陛下はチャールズ国王主催のレセプションで、オランダ国王夫妻をはじめ欧州の王族やブータン国王夫妻、フランスのマクロン大統領夫妻、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領夫妻らと面会された。

西村長官は、国葬を含め「多くの参列者と交流を深め、国際社会における日本の皇室の存在感を示された」と述べた。

長距離のご移動や時差に加え、日英間での新型コロナウイルス対応の違いなどで「両陛下にとって非常に負担が多い訪問だった。大変お疲れになられたと拝察している」と気遣った。

会員限定記事会員サービス詳細