神戸空港国際化は「時期尚早」関空周辺の推進協会長が指摘

神戸空港(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)
神戸空港(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)

関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港のあり方を議論する「関西3空港懇談会」が神戸空港の国際化を認めたことについて、関空周辺の13市町で構成される「泉州市・町関西国際空港推進協議会」の阪口伸六会長(大阪府高石市長)は「神戸空港はあくまで関空の補完空港としての役割を果たすもので、関空の能力に余裕があるなかでの国際化は時期尚早」とするコメントを発表した。

阪口氏は新型コロナウイルスの影響で関空の国際線が深刻な打撃を受けていることを指摘し、「インバウンド(訪日外国人観光客)の早期回復を最優先にすべきだ」として「関空の復活が第一」との認識を強調した。

関空については「さらなる機能強化や2期事業(2期島)の完全供用を図った上で、(3空港懇が合意した)年間発着回数30万回の実現を目指すことについては期待する」とした。

会員限定記事会員サービス詳細