生徒情報40人分持ち出しか 都立狛江高

東京都庁第一本庁舎=東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)
東京都庁第一本庁舎=東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)

東京都教育委員会は22日、都立狛江高で1クラス40人分の個人情報を記載したカードのファイルを紛失し、一部のカードが校外で見つかったと発表した。同校は何者かが持ち出した可能性があるとして、警視庁調布署に窃盗容疑で被害届を提出した。

都教委によると、ファイルには生徒の氏名や住所、保護者の緊急連絡先などを記した「生徒個人カード」がまとめられていた。担任教諭が9月1日、保管していた机の引き出しにファイルがないことに気付いた。校舎内を捜索したが見つからず、同校は13日に保護者説明会を開き謝罪した。

19日朝、多摩川河川敷で一部のカードが見つかったと警察から連絡があり、これまでに計32人分を回収したが、8人分は発見されていない。担任教諭は保管場所を施錠していなかったという。

会員限定記事会員サービス詳細