バイデン氏、プーチン大統領のウクライナ侵略の責任追及 安保理拡大の支持 国連演説

国連総会一般討論で演説するバイデン米大統領=21日、ニューヨーク(ロイター=共同)
国連総会一般討論で演説するバイデン米大統領=21日、ニューヨーク(ロイター=共同)

【ニューヨーク=坂本一之】バイデン米大統領は21日、国連総会の一般討論演説で、ロシアのウクライナ侵略は「国連憲章違反だ」と指摘し、プーチン露大統領を非難した。侵略を巡り国連安全保障理事会が機能不全に陥った問題を受けて安保理の常任理事国と非常任理事国拡大への支持を表明。食料や気候変動などの対策で世界を牽引(けんいん)し、権威主義体制の中露に対抗していく姿勢を打ち出した。

バイデン氏は演説で、ロシアが安保理の常任理事国でありながら「恥ずかしげもなく国連憲章の中核に違反した」と糾弾。プーチン氏がウクライナでの軍事作戦で「部分的動員」を可能にする大統領令に署名したことも批判し、国連にとってロシアがふさわしい国でないことを強調した。

バイデン氏はまた、「プーチン氏が欧州を核兵器で脅している」と批判。侵略に「結束して立ち向かう」ことを各国に呼びかけた。

安保理について「「世界の要求により応えられるよう、さらに包括的な機構になるときが来た」と拡大に向けた改革を支持。中露を念頭に「常任理事国は特別な状況を除き拒否権の行使を自制すべきだ」と牽制(けんせい)した。

台湾へさまざまな圧力をかけている中国に関しては「一つの中国」政策を維持するとしつつ、台湾海峡を巡る「一方的な現状変更への反対」を改めて表明した。

ただ、名指しを避けつつも「より小さい国の主権を守るため威圧や恐怖に対抗する」と述べ、中露の支配地域拡大を受け入れない姿勢を強調した。

ロシアのウクライナ侵略で穀物価格が上昇し食料危機が深刻化している問題では、米国として新たに29億ドル(約4200億円)規模の支援策を実施すると発表した。保健・衛生や気候変動問題といった途上国への影響が大きい世界的な課題で米国が各国の支援や対策をリードする姿勢を訴えた。

会員限定記事会員サービス詳細