立民と維新、共闘合意の翌日に皮肉の応酬

会見する立憲民主党の泉健太代表=22日午前、国会内(矢島康弘撮影)
会見する立憲民主党の泉健太代表=22日午前、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表は22日の記者会見で、日本維新の会との国会内共闘をめぐる維新の松井一郎前代表(顧問)の発言について「引退間近で、ちょっと老害的な発言だ。今になって怪気炎を上げる必要はない」と揶揄(やゆ)した。21日に限定的な共闘で合意したばかりだが、犬猿の仲は相変わらずで、遺恨は今後の協調に影を落としそうだ。

松井氏は21日、両党の合意が選挙協力に発展する可能性について「そんなことがあったら維新を徹底的にたたく」と否定した。

この発言について、泉氏は会見で「政局にからめて牽制(けんせい)するのは余計なことだ」と批判。「国民のため、民主主義のために必要なことは呉越(同舟)でもやる」と合意の意義を説明した。松井氏の発言を執行部批判と解釈して「党内で批判し合うのは見苦しい」とも皮肉った。

一方、維新の藤田文武幹事長は22日の会見で、同様の表現で立民をあてこすった。安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)に出席表明した立民の野田佳彦元首相に同じ党内から批判が出ていることについて「他人の弔意の示し方をいいとか悪いとか、特に党内で言い合うのは見苦しい。わが党では厳に慎みたい」と述べた。

立民との合意については、憲法改正などで相いれない立場を重ねて強調し、選挙協力への発展も否定。意義については「政府が全然動かないことについて、国家国民のため、野党第1党と第2党が政府の背中をつつき、前に進めるのは当然だ」と述べ、泉氏と同じ認識を示した。

会員限定記事会員サービス詳細