北朝鮮、新潜水艦進水か 弾道ミサイル発射可能

9月18日に撮影された北朝鮮・東部新浦の造船所の衛星写真。①潜水艦進水用埠頭②進水用レール上のけん引設備③小型船④けん引台船⑤クレーン台船⑥小型船⑦浮きドライドック⑧潜水艦建造施設(プレアデス・ネオⓒエアバスDS2022、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)
9月18日に撮影された北朝鮮・東部新浦の造船所の衛星写真。①潜水艦進水用埠頭②進水用レール上のけん引設備③小型船④けん引台船⑤クレーン台船⑥小型船⑦浮きドライドック⑧潜水艦建造施設(プレアデス・ネオⓒエアバスDS2022、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)

米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は21日、北朝鮮が東部新浦の造船所で建造中の新たな潜水艦について、進水準備を進めている可能性があるとの分析結果を公表した。新潜水艦は弾道ミサイル発射能力を備えているとみられ、18日撮影の衛星写真で、造船所の埠頭(ふとう)周辺に小型船や台船6隻が確認できたという。

38ノースによると、埠頭にはレールに沿って牽引(けんいん)設備も設置されており、潜水艦を進水させるために使われる可能性がある。造船所周辺ではこれまでも作業船が確認されていたが、6隻確認されたのは異例だとしている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細