特別養護老人ホーム 高齢女性暴行死 職員の50歳男を公開手配 警視庁

警視庁外観
警視庁外観

東京都北区の特別養護老人ホームで、入所者の女性(92)が暴行を受けて死亡した事件で、警視庁捜査1課は22日、女性への殺人容疑で、この施設の介護職員、菊池隆容疑者(50)=板橋区舟渡=を公開手配した。

指名手配容疑は、15日午後10時~翌16日午前1時ごろ、北区浮間の特別養護老人ホームで、入所者の山野辺陽子さんの顔面などに暴行し、殺害したとしている。

山野辺さんの死因は、頚髄と脳幹の損傷とみられる。顔面に殴られたような痕があったほか、胸や腕など複数カ所を骨折。顔から上半身にかけて広い範囲にやけどを負っており、熱湯をかけられたとみられる。

菊池容疑者は、15日から当直勤務をしていたが、事件後に現場から逃走しており、コンビニエンスストアなどで現金約90万円を引き出していた。

捜査1課によると、菊池容疑者は身長約180センチで、がっちりとした体格。

防犯カメラの映像などによると、16日午前1時ごろに施設近くからタクシーに乗車し、新宿区内で降車。その後、タクシーや電車を乗り継ぎ、台東区や足立区、千葉県内に移動していた。午前9時ごろにタクシーで茨城県内に向かった後、東京方面に戻ってきており、警視庁は行方を追っている。

会員限定記事会員サービス詳細