NHKと民放キー局、6局共同で気候危機対策を呼び掛ける動画を公開

NHKと民放の日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビは6局共同で、国連とメディアの共同キャンペーン「1.5℃の約束-いますぐ動こう、気温上昇を止めるために」のオリジナル動画を制作、公開した。

動画にはNHKの高瀬耕造アナウンサー(46)やフジテレビの西山喜久恵アナ(53)、ガチャピンら各局のキャスターや人気キャラクターが登場。気候危機を食い止めるため、メディアが率先して取り組む覚悟を表明するステートメントを宣言している。また、キャラクターたちが投げかける気候変動への疑問に、科学者の江守正多さんがわかりやすく答え、視聴者が気候変動について学べる内容となっている。国連が示した「個人でできる10の行動」も紹介している。

動画は、世界各地で洪水や干ばつなど異常気象が続く中、一人でも多くの人々が気候変動について考え、アクションを起こすきっかけになればと制作された。各局の公式サイトなどで紹介されているほか、国連総会のハイレベルウイークに開かれるSDGメディアゾーンにもオンライン出展される。


会員限定記事会員サービス詳細