英首相、大使館移転を検討 エルサレムにと報道

21日、米ニューヨークで会談するトラス英首相(左)とイスラエルのラピド首相(ゲッティ=共同)
21日、米ニューヨークで会談するトラス英首相(左)とイスラエルのラピド首相(ゲッティ=共同)

英紙タイムズは22日、トラス首相がイスラエルの商都テルアビブにある英国大使館をエルサレムに移転することを検討していると報じた。国連総会に合わせて訪米中のトラス氏が21日、イスラエルのラピド首相に考えを伝えたという。

エルサレムを巡ってイスラエルとパレスチナが帰属を争っており、英国は両者間の交渉で帰属を決めるべきだとの立場を維持してきた。実際に移転すれば、英国の中東政策を抜本的に転換することとなり、英国内外からの反発は必至で、紆余(うよ)曲折がありそうだ。タイムズによると、英外務省も政策転換に反対するとみられている。

タイムズによると、トラス氏は首相就任前の8月、英与党保守党系のイスラエルロビー団体に対し、首相に就任すれば移転を検討する可能性があると伝えていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細