バドミントン女子、五輪銀メダルの藤井さん難病公表

ロンドン五輪銀メダルの藤井瑞希さん(久保まりな撮影)
ロンドン五輪銀メダルの藤井瑞希さん(久保まりな撮影)

バドミントンで2012年ロンドン五輪女子ダブルス銀メダリストの藤井瑞希さん(34)が22日、国指定の難病「再生不良性貧血」と診断されたことを自身のツイッターで明かした。通院で治療を行っているとし「普通の生活を送れるよう努めていく。前向きに治療を頑張っていく」などとつづった。

藤井さんは垣岩令佳さん(33)とペアを組み、同競技で日本勢初の五輪メダルを獲得した。

「再生不良性貧血」は赤血球や血小板などが減少する病気。

会員限定記事会員サービス詳細