東西線冠水、工事不備原因 東京メトロ謝罪

東京メトロは22日、台風14号の影響で18日に東西線の線路の一部が冠水し、長時間運転を見合わせたトラブルについて、下水管を移設・撤去する掘削工事現場で雨水の流入を防ぐ措置に不備があったことが原因と明らかにした。「多数の乗客に迷惑をかけ、おわびする」としている。

東京メトロによると、下水管の遮断が不十分だった上、線路の上部に設置された工事の機材搬入口で止水のためのふたを固定する金具を装着していなかったため、下水管や路上の雨水がトンネル内に流入。信号トラブルが発生した。

飯田橋駅から神楽坂駅方面に向かって約430メートルにわたり冠水。高田馬場―日本橋間で約8時間運転を見合わせ、約13万9千人に影響した。

会員限定記事会員サービス詳細