クラクション鳴らしても気付かれず 小学生、バスから自力脱出

沖縄県糸満市は22日、市営のコミュニティーバス(10人乗り)で16日、小学生1人を置き去りにする事案があったと発表した。小学生は自力で窓を開けて脱出し、けがはない。市とバスの運行事業者は保護者に謝罪し、運転手は出勤停止処分となった。

市によると、小学生は16日午後4時10分ごろ乗車。運転手は小学生の降車場所を通り過ぎ、午後5時ごろ事業所に到着し、施錠した。約10分後、寝ていた小学生は目を覚まし、母親に携帯電話で連絡した。

母親の指示でクラクションを鳴らしたが周囲に気付かれず、窓を開けて外に出たところを別の運転手に保護された。

運転手は、マニュアルで定められた乗客の有無の確認を怠っていたという。市は再発防止策として、バスの運行事業者に車内の二重チェックをするよう伝達。車内に外部へ連絡できる防犯ブザーの設置を検討する。

会員限定記事会員サービス詳細