リトアニア 侵略には反撃が「唯一の選択」 国連演説

リトアニアのナウセーダ大統領=20日、ニューヨーク(ロイター)
リトアニアのナウセーダ大統領=20日、ニューヨーク(ロイター)

【ニューヨーク=平田雄介】リトアニアのナウセーダ大統領は20日、ニューヨークの国連総会で演説し、ロシアの侵攻を受けたウクライナを「リトアニアは初日から支援してきた。私たちは沈黙しない。侵略者に対しては、反撃することが唯一の有効な選択肢だ」と述べ、平和の回復へ向けて団結して戦うことを各国に呼びかけた。

リトアニアは旧ソ連構成国で1990年3月に独立宣言。昨年には中国の巨大経済圏構想「一帯一路」からの離脱を宣言し、今年2月のロシアのウクライナ侵攻開始後は、今月13日に台湾での代表処(代表部)の運営開始が発表されるなど、中露と距離を置く動きを加速させている。

ナウセーダ氏は20日の演説で「リトアニアは、政府と国民が、ウクライナを軍事・人道の両面から積極的に支援してきた」と説明。「戦争は終わらせなければならないが、どんな犠牲を払ってでも平和にしなければいけないわけではない」と強調し、ウクライナの領土を完全に取り戻さなければ、露軍が一時占領した首都キーウ(キエフ)近郊で確認された民間人虐殺のような「残虐行為がさらに行われる」と警告した。

同氏はまた、露軍がウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所を攻撃し占拠したことについて「原発が軍事基地として使用されることはあってはならない」と厳しく批判。ロシアは「欧州に核災害の危険性をもたらしている」と強調した。

さらに、ロシアが核拡散防止条約が定める核保有5カ国の一員として1月に発表した「核戦争に勝者はなく、決して戦ってはならない」との共同声明に言及。核兵器の使用も辞さない構えで侵攻を始めたロシアの「実際の行動と言葉には大きな隔たりがある」と述べ、国際的な信用の失墜を指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細