浪速路を駆け抜けろ 2023大阪ハーフマラソン、9月30日エントリー開始

トップアスリートも多数参加した2022大阪ハーフマラソン=令和4年1月30日午後、大阪市中央区(永田直也撮影)
トップアスリートも多数参加した2022大阪ハーフマラソン=令和4年1月30日午後、大阪市中央区(永田直也撮影)

浪速路を駆け抜ける「2023大阪ハーフマラソン」を令和5年1月29日に開催、参加ランナー6000人を募集する。制限時間2時間以内、平坦なコースで好記録が狙えることから、五輪や世界選手権のマラソン日本代表も出場するハイレベルな大会として知られている。

大阪城公園東側の玉造筋をスタートし、同時開催の大阪国際女子マラソンのランナーたちとすれ違いながら、長居公園・ヤンマーフィールド長居にフィニッシュする21.0975kmの日本陸連公認コースで開催。

エントリーの受付は、インターネットで。9月30日午前10時から11月18日午後11時まで。定員に達した場合、早期に締め切る。

詳しくは、大会公式サイト。問い合わせは、エントリー事務局(06・6633・9254、平日午前10時~午後5時)。

2023大阪ハーフマラソン 公式WEBサイト

開催要項

【大会名】 2023大阪ハーフマラソン

【開催日】 令和5年1月29日(日)午後0時10分号砲

【コース】 大阪城公園東側・玉造筋スタート、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)フィニッシュ

【制限時間】 2時間(コース中に7カ所の関門を設置。制限時刻までに通過できない選手は競技中止)

【部門】 日本陸連登録の部、一般の部

【定員】 先着6000人

【エントリー期間】 9月30日(金)午前10時~11月18日(金)午後11時。定員に達した場合、期間内でも締め切る

【参加料】 1万円(消費税込み、エントリー手数料別途)

【問い合わせ】 エントリー係(産経新聞社事業本部内、06・6633・9254)

主催 大阪陸上競技協会、産経新聞社、サンケイスポーツ、関西テレビ放送

共催 大阪市

後援 日本陸上競技連盟ほか

協賛 奥村組

あなたへのおすすめ

産経新聞社のイベント

注目イベントニュース

新着ニュース

ピックアップ

お知らせ

関連リンク