松山の港でフェリー座礁 乗客1人けが、風の影響か

21日午前11時55分ごろ、松山市の離島・中島にある大浦港を出た直後のフェリーの船長から「風であおられ岸壁に接触した」と松山海上保安部に通報があった。船は岸壁ではなく、防波堤近くの浅瀬で一時座礁したが自力で港に戻った。乗客の男性1人が転倒して腰を打ち、病院に搬送された。自分で歩くことができたという。松山海保は業務上過失往来危険容疑で経緯を調べる。

座礁したのは、松山市の中島汽船が運航するフェリーななしま(765トン)。

会員限定記事会員サービス詳細