スノーピーク社長が辞任 既婚男性と交際理由に

スノーピークの山井太氏
スノーピークの山井太氏

アウトドア用品を扱うスノーピークは21日、山井梨沙社長(34)が辞任し、父親で会長の山井太氏(62)が同日付で社長を兼務すると発表した。梨沙氏が「既婚男性との交際および妊娠を理由に辞任を申し出た」という。太氏は役員報酬3カ月分の20%を自主返納する。

スノーピークは太氏の父親が創業し、2020年に太氏から娘の梨沙氏に社長交代した。新型コロナウイルスの流行で屋外のキャンプ人気が高まり、業績は伸長。梨沙氏はアパレル事業を立ち上げるなどしていたが、退社したという。

山井太氏(やまい・とおる)明治大卒。昭和61年ヤマコウ(現スノーピーク)。社長などを経て令和2年3月から代表権のある会長。新潟県出身。

会員限定記事会員サービス詳細