動画

英エリザベス女王国葬、沿道に多くの市民

ロンドン郊外のウィンザー城に向かうエリザベス英女王の葬列=19日(AP)
ロンドン郊外のウィンザー城に向かうエリザベス英女王の葬列=19日(AP)

【ロンドン=板東和正】国葬を終えたエリザベス英女王のひつぎが19日夜、ロンドン郊外のウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂に埋葬された。大勢の市民が周辺に駆け付け、英史上最長の70年余り在位した女王に最後の別れを告げた。

国葬終了後、新国王チャールズ3世(73)らが葬列を組んで行進。ひつぎは霊柩(れいきゅう)車でロンドン郊外のウィンザー城に運ばれた。城内の聖ジョージ礼拝堂では埋葬前の礼拝が行われ、ひつぎの上に供えられていた王冠などが取り去られた。礼拝後、ひつぎは礼拝堂の王室地下墓所に降ろされ、昨年4月に死去した夫のフィリップ殿下のひつぎとともに埋葬された。

国葬にはチャールズ3世やトラス首相らが参列。天皇、皇后両陛下も参列され、バイデン米大統領ら各国から約500人の元首や首脳らが出席した。出席者は外国の要人を含めて2千人ほどに上った。

女王は8日午後、滞在先の英北部スコットランド・バルモラル城で96歳で死去した。在位期間は約70年7カ月で、世界の存命する君主の中で最高齢だった。王室を変革しつつ君主制存続に貢献し、英国民だけでなく世界の敬愛を集めた。

会員限定記事会員サービス詳細