両陛下、英国をご出発 女王国葬参列終え

エリザベス英女王を悼み、記帳される天皇、皇后両陛下=19日、ロンドン(ロイター)
エリザベス英女王を悼み、記帳される天皇、皇后両陛下=19日、ロンドン(ロイター)

エリザベス女王の国葬参列のため、英国を訪問していた天皇、皇后両陛下は現地時間の19日午後9時(日本時間20日午前5時)ごろ、政府専用機でロンドン郊外のスタンステッド空港を出発し、帰国の途につかれた。日本時間の20日夜、羽田空港に到着される予定。

両陛下は17日から4日間の日程でご訪問。女王の国葬は現地時間の19日午前11時から、ロンドンのウェストミンスター寺院で行われ、両陛下は各国の元首・首脳らとともにご参列。その後、お二方で英外相主催の行事にも臨まれた。

これに先立ち、天皇陛下は18日、バッキンガム宮殿で開かれたチャールズ新国王主催のレセプションにご出席。陛下が女王のひつぎを前に、お別れのあいさつをされる機会もあった。

陛下が即位後、海外に足を運ばれたのは初めて。皇后さまは、約7年ぶりの海外ご訪問となった。

エリザベス女王 国葬 天皇陛下らご臨席


会員限定記事会員サービス詳細