客に薬物飲ませ乱暴か ゲストハウス経営者を逮捕

岡山県警は20日、自身が経営する同県里庄町のゲストハウスで女性宿泊客に睡眠作用のある薬物を飲ませ乱暴したとして、準強制性交の疑いで同町新庄、武内俊晴容疑者(48)を逮捕した。

逮捕容疑は令和元年8月8日午後9時50分ごろ~9日午前11時半ごろ、里庄町新庄のゲストハウス「Cafe&GuestHouse凸屋」で神奈川県の30代の女性に薬物を飲ませ、抵抗できない状態にして性的暴行をしたとしている。岡山県警は容疑者が酒に薬物を混入し提供したとみている。

岡山県警によると、県外の警察から、別の女性がこのゲストハウスを利用した直後に体調不良になり薬物の成分が検出されたと情報提供があり、今回の被害が発覚した。岡山県警はゲストハウスから宿泊客を無断で撮影したとみられるわいせつな写真や動画を押収しており、関連を調べる。

会員限定記事会員サービス詳細