危険なカメ逃げ出す 山口の住宅から、台風影響か

山口県周南市野村の住宅敷地内の池で飼育中のカメが逃げ出したことに住人で飼い主の60代女性が気付き、19日に山口県警周南署に届け出た。人に危害を及ぼす恐れのあるワニガメかカミツキガメとみられる。署は台風14号の雨で池があふれたことが原因で逃げ出したとみて捜索している。

署によると、カメは体長30~40センチ。約20年前から飼育していた。女性は避難所などに避難せずに自宅で過ごし、19日午後2時ごろに池の様子を確認した際、池があふれてカメがいなくなっていた。自宅周辺を捜したが見つからなかった。カメが池にいるのを最後に確認したのは18日午後1時ごろという。

会員限定記事会員サービス詳細