「オリパラの遺産残せた」武藤氏が講演 千葉「正論懇話会」

千葉「正論」懇話会で講演する武藤敏郎氏=20日、千葉市美浜区
千葉「正論」懇話会で講演する武藤敏郎氏=20日、千葉市美浜区

千葉「正論」懇話会(会長・木村理千葉銀行顧問)の第76回講演会が20日、千葉市美浜区のホテルニューオータニ幕張で開かれ、東京五輪・パラリンピックで大会組織委員会の事務総長を務めた武藤敏郎・大和総研名誉理事が、「オリパラ開催が日本に与えたもの」と題して講演した。

冒頭、組織委元理事らが逮捕された汚職事件に言及。「報道が事実ならば、オリンピック・パラリンピックを冒涜(ぼうとく)するもので、東京2020大会の価値を傷つけたことは間違いない。非常に残念だ」と述べた。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、さまざまな手を打ったと振り返った。それでも一部で中止を求める声が上がったが、開催後は世論も「やってよかった」に変わったと指摘。「『東京はこういうことをやる』と約束したのに中止していれば、日本は国際的信用を失った」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細