速水もこみち「監察医 朝顔」で上野樹里と初共演

主演の上野樹里と初共演する速水もこみち(C)フジテレビ
主演の上野樹里と初共演する速水もこみち(C)フジテレビ

俳優で料理のレシピ本「MOCO'Sキッチン」でも知られる速水もこみち(38)が、26日放送の「監察医 朝顔 2022スペシャル」(後9・0)でフジテレビのドラマに4年ぶりに出演。主演の上野樹里と初共演する。

主人公の法医学者・万木朝顔(上野)が解剖で遺体の謎を解き明かし、見つけ出した“生きた証”で生きる人々の心までをも救っていく物語。東日本大震災で被災した母・里子(石田ひかり)を失った悲しみを抱え、父・平(時任三郎)、夫・桑原真也(風間俊介)、長女・つぐみ(加藤柚凪)ら家族とともに少しずつ乗り越えていく姿も描くヒューマン作品である。

月9枠で第1シーズン(19年7月期)、第2シーズン(20年10月から2クール)を放送し、今回“オール新作”のSPドラマとして帰ってくる。

速水は、朝顔(上野)が勤務する大学の法医学教室と仕事をすることが多い野毛山署の交通事故捜査係の刑事・鈴井を演じる。冷静沈着で優秀だが、歯に衣着せぬ物言いや合理的な捜査で何かと朝顔と意見がぶつかる。一見クールだが、やがて鈴井のパーソナルな一面が明かされていく。

「ザ・ブラックカンパニー」(18年8~9月)以来の同局ドラマに「多くの方々に愛されているシリーズに出演させていただくことになりうれしく思う。朝顔たちとどのように関わっていくのかぜひ楽しみにしていただけたら」と速水は話す。

SPドラマにも出演する(左から)戸塚純貴、肥後克広、奥智哉(C)フジテレビ
SPドラマにも出演する(左から)戸塚純貴、肥後克広、奥智哉(C)フジテレビ

また、レギュラー放送の際にゲスト出演していた肥後克広(ダチョウ倶楽部)、戸塚純貴、奥智哉も出演する。

刑事・平の同期で相棒・糀谷晴一を演じる肥後は、第2シーズンでは神奈川県警の相談員だったが、現在は野毛山署の署長に就任。「久しぶりに田舎の親戚一同に会えた感覚になった。役で意識したのは署長の貫禄、糀谷のコミカルさ。そのさじ加減を平野(眞)監督と相談し、演技派俳優としてさらなる境地に到達できた」と笑顔でいつもの肥後トーク。

戸塚はつぐみの小学校の担任、奥は真也の姉・忍(ともさかりえ)の息子としてそれぞれ登場する。

出演はほかに志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、戸次重幸、平岩紙、大竹しのぶ(特別出演)、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子ら。

なお、第1、2シーズンの全32話はTVer、FODで順次無料配信中。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細